自動車重量税、通称重量税は日本の車とかアメ車という自動車の生産国やハイブリッドカー、ステーションワゴンなど車のタイプに例外なく、例えば、スズキやアルファ、等でも納付が必要なものなんです。仕事 辞めたい アフィリエイト

新車を登録する時、あるいは定期車検の際に支払わなければいけないお金なのです。

その金額はそれぞれの自動車の大きさ毎に決定されます。

「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は完全に異なる税なのできちんと理解をして間違えないようにしなければなりません。

「自動車重量税は車の重量毎に」「自動車税とはクルマのリッター数毎に」その税額が変わってきます。

また売却の時の扱われ方異なってきますので、注意が必要です。

中古車を買い取ってもらう時には既に納めた車の税金がどれだけ残っていたとしてもその税金が還ってくるようなことはありません。

一方で、自動車税の時は、支払い済みの額を買取額に乗せてくれるケースがなくはないですが、重量税の場合は上乗せされるという事例はほとんどないといえます。

重量税は車の売却時に支払った金額があるからと言って買取業者にてそのことが考慮される場合は少ないものなのです。

そのため次回の支払い分かりやすく言えば次の車検まで待機してから売却をするという方法が無駄がないと思います。

中古車買い取り時は考慮してもらえない重量税でも、ある事例だと返還されることがあります。

これに当てはまるのは、次の車検までの期間が残存している愛車を廃車として処理する場合です。

要は、抹消登録をすると、残っている期間に従って金額が還付されます。

しかし、自動車の売却の場合はその中古車が廃車されるわけではないので返金されません。

また売却する車の名義の変更をした場合や盗難被害に遭った場合も返還してもらうことは不可能です。

自動車重量税が残っている愛車を手放すということは、要は車検が残っているクルマということになります。

それを買取店も考慮しますので、自動車重量税が残存していれば、そこそこ売却額が増えることでしょう。

もちろん、買取金額は店舗次第で変わりますが車検期間がまだあることを考慮していただければ手放す車の買取金額と比較するとそんなに損をするということもありません。